<< パコと魔法の絵本 | main | 小西克幸・福山潤・遊佐浩二「きみがいなけりゃ息もできない」(原作:榎田尤利) >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

web拍手
posted by: スポンサードリンク | - | | - | - |

機動戦士ガンダム00 トランザムDVD

開始が今月末だと思っていたら既に始まっていた。
全部で9分ほどのDVD。何がトランザムなのかはよくわからないが、別にいい。

・ROAD TO SECOND SEASON
これがメイン。
5分半のファーストシーズンおさらいと、2分弱のセカンドシーズン告知。
おさらいは飽くまでおさらいであって、何も知らない人がこれだけ見ても訳がわからないだろう。告知は目新しいものではなく、既にいくつかの場所で流されているもの。アニメ誌でコマ切れのピンナップにもなっていた例のやつ。
拘束されるアレルヤ、刹那に銃口を向ける沙慈、パイロットスーツで口元をおさえる苦しそうなルイス、向かいあってお茶を飲むセルゲイとピーリス、ビリーがいる部屋のベッドに眠るスメラギなど、とにかくあらゆる意味深なカットが小出しされている。
刹那が体格だけでなく顔付きも大人になっていた。ティエリアはフェルトとラッセのいるCBでMSに乗っている。ロックオンは描写らしい描写はなし。何より椅子にくくりつけられて口を拘束されているアレルヤの荒んだ目が印象的。なになになに何がどうなってそうなったの!!

あとはファーストシーズンの映像を使ったセカンドシーズンの30秒番宣と、ガンプラやブルーレイディスクのCMが数本。

目新しいものはないけれど、セカンドシーズン開始が近づいてきている中、更にテンションが上がった。
一期と二期を半年開けるやり方が果たして良いのか悪いのかは、作品のクオリティという点と売り上げや人気という点の両方の意味で未知数だ。それは結局二期が始まってみないと分からない。いざ始まっても、連続して放映したほうが良かったのかなんてことは比較しようがないので判断できないだろう。
ただ、一期が終わった時は地獄のように思えたこのやり方は、今となれば、半年余分に楽しめたのだと思えてくるから不思議だ。というか我ながら気の毒になるくらい単純。

たーのーしーみー!
web拍手
posted by: mngn1012 | 機動戦士ガンダム00 | 14:36 | - | - |

スポンサーサイト

web拍手
posted by: スポンサードリンク | - | 14:36 | - | - |