<< 原動力 | main | 古街キッカ「さくらにあいたら」 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

web拍手
posted by: スポンサードリンク | - | | - | - |

basso「amato amaro」

basso「amato amaro」
前作「クマとインテリ」に出てきたインテリことカッラーロ首相の弟の親友の経済学者と、ボディガードの話。「クマとインテリ」のまさにクマとインテリのふたりが凄く好きだったので、サイドストーリーということであまり期待はしていなかったのだけれど面白かった。
こちらは犬とインテリ、とでも言うか。向こう見ずでひねくれもののインテリと、慣れるまでは警戒心が強いくせに一端飼われると従順になる犬のようなふたり。心のうちを見せない駆け引きと、子供のような素直さの切り替えに翻弄される。徐々に距離が縮まったり、いきなり遠ざかったりするつかめない感じが良いので、一冊丸ごとこのふたりでも良かったかな。勿論他の短編も面白いのだけれど、一冊にするとちょっと散漫な印象もある。
随所に出てくるクマとインテリがまた素敵!
web拍手
posted by: mngn1012 | 本の感想(BL・やおい・百合) | 19:51 | - | - |

スポンサーサイト

web拍手
posted by: スポンサードリンク | - | 19:51 | - | - |