<< 2012年BL漫画個人的ランキング(と振り返っていろいろ) | main | 12月ごはん >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

web拍手
posted by: スポンサードリンク | - | | - | - |

2012年非BL漫画個人的ランキング(と振り返っていろいろ)

10位
穂積「式の前日」 <感想
久々にすっごい人が出てきたなーと思っていたら、すぐに有名になった感じ。おもしろかったし、新しい才能をまのあたりにしてどきどきした。

9位
つっこみどころや不満もあるのだけれど、それを補ってあまりあるくらい美しくて残酷で、何をしたいのかが伝わる本でした。モー様は対談集も面白かった!
 
8位
1・2巻が面白すぎてさすがに少し失速したかな、という印象もあるのだけれど続きが楽しみ。

7位
1巻も十分面白かったけれど、2巻で更に盛りあがった。

6位
面白いったら面白い。ドラマも映画もさっぱり関心がないけれど、それをきっかけに更に多くの人に読んで欲しい作品。「きのう何食べた?」も相変わらずハイクオリティ。

5位
前半と後半のギャップがすごいというか、一気に話が展開するところにぞくぞくする。

4位
三冊も出たとかどうなってるの。冨樫信仰を新たにつよめた一年であった。

3位
完結してしまって淋しいけれど、面白くてわくわくする素晴らしい作品だった。

2位
思わず目をそむけたくなるような生々しさと苛立ち、みんな知ってるのに誰も語らなかった話をさらっと描いたエグい話。新境地だと思う。

1位
この面白さと下品さと頭のよさのバランス。腹がたつけど面白い。

***
あとは「姉の結婚」を苛々しながら読んだり、「ヴィンランド・サガ」に昂揚したり、「暗殺教室」にニヤリとしたり、「キスよりも早く」にときめいたり、「さよなら絶望先生」のラストに絶句したり、「マジオチくん」にむかついたり、「人間仮免中」に魂を抜かれたり、「バクマン。」にニヤニヤしたりしました。
BL漫画がある種の閉塞的な空気を纏い始めて数年経過した(し続けている)一方で、一般漫画は相変わらず希望が持てる世界だなあと実感している。でもBLがないと生きてゆけないのです。
web拍手
posted by: mngn1012 | 本の感想 | 16:12 | - | - |

スポンサーサイト

web拍手
posted by: スポンサードリンク | - | 16:12 | - | - |