<< 一穂ミチ「街の灯ひとつ」 | main | 樋口美沙緒「愛はね、」 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

web拍手
posted by: スポンサードリンク | - | | - | - |

榎田尤利「スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX.」

榎田尤利「スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX.」
特殊清掃人兼芽吹ネゴオフィススタッフの紀宵は、芽吹が兵頭に巻き込まれた事件で知り合ったヤクザの息子・智紀に一目惚れをした。頭がキレて口が悪くて乱暴で小さくて可愛い智紀とは、微妙な友達関係を続けている。ある日紀宵のアルバイトを手伝うことになった智紀は、ゴミ屋敷の庭の倉庫で小さな子供を見つける。

交渉人シリーズ番外編。兵頭と芽吹が揉めたり歩み寄ったり揉めたり揉めたりしている横で、地味に距離を縮めていった「おっきいの」キヨと「ちっちゃいの」トモの話。芽吹視点で語られる本編では、かれらがどういう経緯を経て仲良く?なっていったのかが分からない。気づいたらメアドを交換していたり、二人で出かけたりしているのを、芽吹と一緒になって驚いたり微笑ましく見たりすることしかできない。だからこそ、二人の番外編を思いっきり待ってた!待ってたよ!!!

芽吹と最初に出会ったときの智紀は、非常に危険なガキだった。ヤクザの息子で、いかにも腕っ節の強そうな連中を連れているガキ。しかも、頭が異様にキレる。その辺のヤンキーと智紀が違ったのは、かれのその知性と、欲の無さだろう。金が欲しいドラッグや酒が欲しい女にもてたい、という欲が無い。暇つぶしのために、未成年であることを楯にして、その知性をふんだんに悪用する。それは智紀のタチの悪さであると同時に、芽吹が交渉するためにちょうどいい隙間だった。
気分よく芽吹を論破したつもりで、気づいたら芽吹の交渉に翻弄されていたことに気づいた智紀は、悔しさを抱えつつも芽吹を気に入った。そして芽吹のオフィスに出入りするうち、チーム芽吹の一員となった。顔がいいのに行動がおっさんで、立派な資格も職歴もあるのに儲けのすくない仕事に必死になって、なによりお人よしの芽吹を中心にしたその輪に入ることで、智紀は変わり始める。

物語は「〜諦めない」の事件のあと、智紀の視点で語られる。
頭がいい智紀は自分の「不幸」を知っている。背が低いこと、ヤクザの家に生まれたこと、頭がいいこと。それはたぶん智紀が幼いころからずっと抱えてきた不満だ。けれどかれはもう知っている。ヤクザの家ではあったけれど、両親は自分を溺愛し、思いやってくれていたこと。ヤクザじゃない親とうまくいっていない人間を沢山見るなかで、智紀は親へのわだかまりが解けていったはずだ。そして自分の頭がよすぎるから他者とぶつかるのではなく、自分がその知能を使いこなせていないからぶつかるのだということ。傍に頭が良いからこそ、一歩ひくことができる芽吹のつよさがあったのだ。そこに気づかないほどかれはばかじゃない。
身長ばかりはどうしようもないけれど。

ともあれこれまでの事件で成長・変化を遂げた智紀は、金に困っていないのにアルバイトを始める。人に使われることに慣れていない智紀の悪戦苦闘を、舎弟もとい友人たちははらはら見守っている。
なかなかうまくいかないバイトが終わって店を出ると、紀宵が待っているシーンがすごくいい。約束はしてないし、待っているというメールもない。ただ、智紀のシフトを知っているので待っていたのだ。ちょっとびっくりした智紀と、その反応にどこまで気づいているのかいないのか、相変わらずな紀宵の会話は、8:2くらいの割合で智紀が喋っている。しかも紀宵の2の半分くらいは「ン」という返事だ。きゃんきゃん喋る智紀の後ろを、コンパスが絶対的に違うはずなのに紀宵はゆっくりついてくる。この雰囲気、この空気、あーもうちっちゃいのとおっきいのかわいい!!道を歩いてるだけでかわいいって何事!地団駄地団駄!

かわいいふたりの関係を結果的に後押しするのは、かつて智紀が狂犬チワワだったころに返り討ちにあわせたことを根に持っており、一泡拭かせてやりたいと突っかかってくる土屋一味の復讐と、ゴミ屋敷清掃の手伝いに来た智紀が倉庫で見つけたひとりぼっちの子供の母親探し、そして、偶然聞いてしまった兵頭と芽吹のラブシーンだ。ネゴオフィスの奥、芽吹の私室で抱き合う二人の声を聞いてしまった紀宵と智紀は、それがいけないことだと分かっているのにその場を離れられない。こっそり忍び込んだように、こっそり出て行けばいいだけなのに、真っ赤になって蹲ったまま、耳を離せない。
それまでの紀宵と智紀の関係はあくまで友人だった。紀宵は智紀にひとめ惚れしたことも、ちっちゃくてかわいい智紀にさわりたいと思っていたことも別に口にしていない。隠すつもりもないだろうし、そもそも雰囲気がダダ漏れではあったけれど、はっきりとした告白はない。けれど、頭のいい智紀には分かっていただろう。分かっていて一緒にいたというのは、まんざらでもないということだ。
その辺りをどう思っていたのか、紀宵はいきなり智紀に手を伸ばし、そのまま抱きしめてキスをする。おっきいの頑張った…!言葉より先に行動が出て、でもこれまでの態度にも今の行動にも、どうしようもできないほどの感情が出ている。微笑ましくてじれったくてどきどきするよかわいいなもう!

智紀は変わった。見ず知らずの子供を守るために怪我を負い、これまで絶対にしなかった、父親の名前を出して相手を威嚇する事も辞さなかった。虎の威を借るのではなく、最優先事項のために使えるものを使った。
情報屋から得た情報をもとに、これ以上は手に負えないと思った紀宵は、イチローを施設へ預けようと言う。イチローの信頼を少しずつ勝ち取り、このまま守ってやりたいと思い始めていた智紀は、それでも紀宵の案に賛同した。自分にあるのは気持ちだけで、何も出来ないのだということをかれは知っているのだ。身の程を知ること、引き際を知ることは大人になることだ。無茶を通して得られるのは自己満足だけで、周りにも迷惑がかかる恐れがある。だから紀宵はイチローを安全な場所へ預けることを納得した。
けれど狂犬チワワは何もかもに納得できるわけではない。紀宵が自分に隠して真実に近づこうとしていることを知ってしまった智紀は、紀宵に黙って勝手に危険な行動にでた。その結果、イチローの母親と接触することはできたけれど、紀宵に大きな怪我を負わせてしまうことになる。イチローを守りたいという気持ち、紀宵に隠し事をされていたという気持ち、もともとの好奇心、それらが重なった結果の暴走が、紀宵を傷つけてしまった。
過信による暴走が招いた事態を痛感した智紀は、紀宵を助けるために兵頭の力を借りた。大嫌いなヤクザに頼った。そのために、土下座までした。智紀にしてみれば、自分がしでかしたことの尻拭いをひとにしてもらったという羞恥心で一杯だが、紀宵はそれに対して、一番いい方法をとってくれたのだと礼を言う。
一度にはすべて変われない。ちょっと成長して、やっぱり失敗して、の繰り返し。智紀が前に進んでいくその過程を、紀宵はずっと見てる。
ゴミ屋敷バイトで注意した以外、紀宵は智紀を叱らなかった。自分自身や周囲の危険を顧みず潜入して大失敗した智紀の、イチローを守ろうとした心を褒めた。甘やかしすぎな気もするけれど、自分よりよっぽど口のたつ芽吹が先に叱ってくれているし、そもそも智紀自身が己の愚かさを散々反省しているので、紀宵はこれでいいのだろう。

道を歩いてるだけでも可愛いふたりの、期待していた話なので読めて嬉しかったけれど、物語としては結構ぼんやりしている。このシリーズは本編が異常な面白さだというのもあるのだが、イチローにせよ紀宵の過去にせよ事件の顛末にせよ、もう一歩掘り下げたものを読んでみたかった。
お互いが相手や死について考えるとき、同じことを考えている・求めているのも良かったんだけれど、ちょっと唐突な印象。なにもかも違うふたりの、核の部分がそっくりだというのは可愛くて微笑ましいんだけれど。

口が悪くて乱暴な智紀なので、もっとツンツンするのかと思っていたけれど、いざ自分の気持ちを認めたあとの智紀は素直なものだった。基本的にはあのままなんだけれど、自分が紀宵を好きなことを認めて受け入れる様子が男らしい。意外だったけれど、いざそうなっている智紀を見ると非常にしっくりくる。ばかな行動に出るときも、両想いになるときも、智紀はまっすぐだ。
紆余曲折を経て、おさまるべきところへおさまった智紀は思う。自分ひとりでは食べきれないメニューも、紀宵と一緒なら問題ない。空に近い紀宵と、道ばらのノラ猫を撫でやすい自分。ふたりでいることが完璧なのだ、と。みっつの不幸のうち、どうすることもできなかった最後の砦・身長すら、智紀は受け入れ始めている。その上背ゆえに隣に並ばれることすら不快だった紀宵と一緒にいることで自分の背の低さを痛感するのではなく、二人でいるときのバランスの良さを知って、満たされている。
web拍手
posted by: mngn1012 | 本の感想(BL・やおい・百合) | 10:14 | - | - |

スポンサーサイト

web拍手
posted by: スポンサードリンク | - | 10:14 | - | - |