<< 大阪平成中村座 昼の部 | main | 麻生ミツ晃「ティアドロップ」 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

web拍手
posted by: スポンサードリンク | - | | - | - |

渡海奈穂「カクゴはいいか」

渡海奈穂「カクゴはいいか」
ヤクザの父親を持つ真は、昼間は地味な大学生として生活し、夜になると父から譲り受けた会員制クラブのオーナーとして働いている。生まれながらの美貌、明晰な頭脳、商才、そこらのチンピラを軽く返り打ちに出来る喧嘩慣れした肉体。そんなかれが好きなものは現ナマと暴力と、自分のお目付け役である木賀だった。

原作:渡海奈穂、漫画:三池ろむこのコミックス「カクゴをきめて」<感想>のスピンオフ。
とは言えこの小説の主役二人はコミックスの方に出てこないので、これ単体でも問題ない。ただ一緒に収録されている「恋も二度目なら」はコミックスに出てきた佐原と友紀のその後の話なので、これだけだとちょっと分かりづらいかも。というかコミックスも可愛いのでコミックスも読むといいと思う。

真がいそうでいないキャラなのがいい。極心会というなかなか大きな暴力団の会長の愛人の子として生まれたかれは、母を早くに亡くしたものの、血のつながらない正妻にもよくしてもらった。父もかれを愛していたし、父の舎弟である組員たちも、幼い時から顔立ちの整ったかれを可愛がった。真が歪んでいるのは環境や周囲の所為ではなく、かれ自身の問題だ。性格が悪いのはかれの所為以外の何物でもない。そして圧倒的な暴力で強いものを懲らしめて自分の強さをひけらかすのも、頭を使って警察などから逃れるのも、大学ではわざと地味な子のふりをして目立たないようにしているのも、ひとえにかれの性格の悪さによるものだ。
大抵こういうキャラは腕力がからっきしだったり、体が病弱だったり、何かしらの病や過去の傷を抱えているものだけれど、真にはそういうところが全くない。ただ美しく、知的で、運動神経が優れていて、性格が悪い。自分のありすぎる長所すら完璧に理解しているかれは、自分のお目付け役の木賀のことをずっと思っている。しかしこれも、完璧なお坊っちゃまが唯一手に入らないもの、ではない。
真は木賀が好きだ。かれのことばかり考え、かれのことばかり見ている。だから分かるのだ。木賀が自分を見る瞳の意味、言葉や態度の意味。かれが自分に対して向けている思いが、保護対象や恩義ある会長の息子に対するものではないことくらい、聡明なかれには分かる。だからこそ真は疑問に思う。何故こんなに自分が好きなのに、言ってこないのかと。そして焦れる。さっさと告白してこい、と。この気持ちいいくらい自己中心的で、自信満々な性格がいい味を出している。真は自分から打ち明ける、ということを微塵も考えていないのだ。

木賀は真が確信している通り、前から真を意識している。恋愛感情を持っている。それを打ち明けないのは自信がないからでも性別や年齢差にためらっているのでも、恩ある親分への忠義でもない。木賀は真が思う通りの気持ちを抱いているけれど、真が思う何十倍も図太くて、性格が悪い。木賀には我儘が増す真に対する不遜な態度などから、かれは決してばか丁寧なだけの男ではないと思えるけれど、真なんてまだまだ子供だと鼻で笑えるくらい、木賀は歪んでいる。そしてかれは思っている。決して自分からは気持ちを打ち明けない、と。

両想いで、両想いであることをお互い知っている。けれどちっともそういう雰囲気にならないのは、お互いが、自分からは想いを口にしないと決めているからである。二人のやりとりを見る限り木賀が優勢に見えるのは、真と同じことを決めている木賀は、真が持っていない感情を持っているからだ。それが木賀が気持ちを言わないことに焦れて拗ねたり傷ついたりする真が可愛くてもっと見ていたい、という歪んだ愛情だ。
その愛情のおかげで、木賀はあらゆる真の誘惑を避けることができる。拙く色仕掛けで誘ってくる真の、表面の美しさや危うさに覚えた劣情は、木賀の反応が期待したものと違って落ち込む真のさみしげな顔で抑え込める。年の功もあってか、常に木賀のほうが一枚も二枚も上手だ。

けれど未知を譲るのも年齢ならではの余裕によるもの、だったりする。いらいらが限界に来て、ばかなことを考え始める真の、その裏にある切実なまでの愛情に気づくからこそ、木賀は誘われてくれる。流されてくれる。先に膝をつく男の役に周り、愛される主役の座をかれに譲る。

似たもの同士過ぎてかえってぎりぎりまで追い詰めあってしまう、でもその追い詰め会って切迫した状態すらも楽しめるふたり。思い詰めて泣いたり、本音をぶちまけたりなんかしない。突発ではじめた「ヤクザと一般市民ごっこ」にも二人して熱中してしまうあたりいいコンビ。特に大きな事件や、恋愛におけるありがちなトラブルなんかも起こらず、ひたすら真が木賀に本音を吐かせようと尽力し、そんな真を木賀は微笑ましく思いつつ絶対思い通りに振舞ってやらない、この先何十年も続くであろう関係の幕開けが描かれている。可愛かった。
web拍手
posted by: mngn1012 | 本の感想(BL・やおい・百合) | 22:17 | - | - |

スポンサーサイト

web拍手
posted by: スポンサードリンク | - | 22:17 | - | - |