<< 御徒町鳩「みどりのまきば」1 | main | 「冷血2」 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

web拍手
posted by: スポンサードリンク | - | | - | - |

ぢゅん子「暴れん坊・彼氏」

ぢゅん子「暴れん坊彼氏」
創は幼馴染みの尚人に片思いしているけれど、決して言い出せない。それは、きれいな顔立ちの尚人が実は、とっても短気で怒るとすぐに手が出る性格で、なおかつホモが大嫌いと公言しているからだった。

抜きんでた独自性は感じられなかったけれど、非常に読みやすくて面白いプレーンな一冊。ツンデレってこういうものです、という分かりやすい話になっている。主人公の創が好きになってしまった尚人というのは、そういうプロトタイプのツンデレである。
ツンデレの黄金比はツン:デレ=9:1だ、というのがなんとなく定説化しているけれど、、尚人はまさにそれだ。あまりにもツンツンしているので、もしかしてこの子は単に性格が悪いだけなんじゃないのか、と思いそうになる。本当に創のことをそれほど友人としても大切に思っていないのではないかと、かれの恋が叶う見込みなんて無いのではないか、と思い始めたころに、デレが発動する。このデレのタイミングが絶妙だ。

素直になれないどころか、尚人は口を開けば悪口ばかりだ。かれにとっては純粋な怒りだけでなく、予想外の展開に対する驚きや動揺、与えられた好意に対する照れや喜びまでもが、怒りのように表現される。そんな分かりにくい表現しかできない尚人が可愛くて、なかなか他の人には理解できないかれの良さを知っていることが嬉しい創は、かれと付き合い始めて以降、少しずつ不安も覚えていく。
自分の告白は却下されることも否定されることもなかったけれど、はたして本当に尚人は自分が好きなのか、自分がかれを好きなように同じ意味で好きなのか、一端浮上した疑念は止まない。
言葉なんかなくても分かりあえるというのは理想論でしかなく、何もかもが初めてづくしの初々しい恋人たちには、言葉は必要だ。きちんと思いを伝え合って、確認し合わないといけない。その努力を尚人はしない。できない、のだ。
更には、言葉がなくてもせめて態度で、ということすらできない。すぐに暴力に出てしまう凶暴なかれの態度と、男同志だからこその力の強さと、何より嫌がることを無理に強いたくないという創の気持ちが重なって、二人はすぐにぎくしゃくする。気まずくなって、喧嘩に移る。
惚れた弱みがあるとは言え、創だって我慢ばかりしているわけではない。自分がいかに辛いのか、傷ついているのか、不安なのかを叫ぶ。言葉で、態度で、いかに自分が尚人を好きなのか、だからこそ不安なのかを示してくれる。
何もかもをかなぐり捨ててきた創に、尚人もついに本音が出る。人の多い通学時間の駅のホームで、二人は怒鳴った。好きなのだと滲ませて、大きな溝を少しずつ埋めていく。

最後はデレもきっちり発動。滅多に好きだと言わない人間の愛情表現は、普通の人間の愛情表現よりも希少価値が高い分、なんとなく得した気分にもなれる。


web拍手
posted by: mngn1012 | 本の感想(BL・やおい・百合) | 00:26 | - | - |

スポンサーサイト

web拍手
posted by: スポンサードリンク | - | 00:26 | - | - |