<< 夏目イサク「タイトロープ」 | main | 大丈夫であるように-Cocco 終らない旅- >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

web拍手
posted by: スポンサードリンク | - | | - | - |

機動戦士ガンダム00 #13「メメントモリ攻略戦」

メメントモリはカタロンの兵力を総動員してもさっぱり相手にならない始末。兵力も攻撃力も、戦術さえもすべてがけた違いで、仲間がどんどん消えてゆく中、目の前に接近してきたアロウズのMSが恐ろしい。俯瞰で戦争を見ていると、遠くにあるものが遠くからビームを打って、多くの命が一度に散ってしまうだけに思える。しかし、本当は自分たちが乗っている宇宙船の、窓一枚向こうに、殺意を持った兵器がうようよしているのだ。この距離感を忘れてしまうことはとても怖い。

リボンズの怒りを買った留美に対して、ネーナは素知らぬ顔で嫌味を言う。留美に服従しているようふるまいながらも、ネーナの心は全く違う方向を向いている。そして留美の狙いを知っているのかいないのか、彼女が全く望んでいないCBへの手助けを行った。ネーナにとって、CBのマイスターたちは味方なのか。ただ留美やイノベイターよりはマシだっただけか。それとも、これさえも彼女の気まぐれなのか。

圧倒的な力を誇るメメントモリを打破すべく立てられた、スメラギの戦術にはマリーも必要だった。自分でMSを運転したりするわけではないけれど、彼女もまた戦場に立った。ソーマ・ピーリスではなく、マリー・パーファシーというひとりの女性として、彼女は戦うことを選んだ。

囮になるダブルオー、トレミーを推進させるアリオス、序盤の戦いを引き受けたセラヴィーが限界になったとき、決定打を食らわせたのはケルディムだった。「成層圏の向こう側まで狙い打つ」と自称していたニールとは違い、ライルの狙撃の腕はそこまでではなかったはずだが、かれは一度しかない、失敗すればその瞬間にすべてが終わる賭けに勝った。爛々と鋭い眼光が見据えたものは、世界の歪みか、カタロンとしての仲間の敵か。ともかくとてつもないプレッシャーを背負っていたであろうかれの名を、銘々が口にした。「ライル」と呼んだフェルト、「ロックオン」と呼んだアレルヤ、そして「ロックオン・ストラトス」と叫んだティエリア。ライルに違和感を覚えていたティエリアがここで、かつてはニールのものであったコードネームでライルを呼んだのには驚いた。
「あの男はかれじゃない」と吐き捨てたティエリアを思うと少しさびしいような気もするが、同じように戦局を乗り越えて命を賭けている仲間を真っ向から否定するのもティエリアらしくないと言えばそうだ。

ともあれメメントモリは消滅?かな。リヴァイヴに続いてヒリングもダブルオーにしてやられたし、今のところはCBがそこそこに優勢を保っているが、セルゲイの上官らしき人物も現れたし、まだまだ波乱がありそう。一週休みになるので、どんなところで終わって生殺しされるのか戦々恐々としていたのだが、案外きりのいいところで終ったのでほっとした。

そして予告のあとに放送された四択クイズ。質問に対して正解だと思われるマイスターを一人選んで、そのひとだと思うところに電話をかけるというものなのだが、電話をしてみるとわざわざ録り下ろしたそれぞれのコメント電話につながるのだ。」
もはやクイズ云々の問題ではないので全部聞いたのだが、「セラヴィー、ティエリア・アーデ、電話に出ます!」に笑った。「万死に値する!」も聞ける。他のマイスターもそれぞれのキャラに沿った紹介をしてくれるので面白い。ちょっと嬉しいサービス。
web拍手
posted by: mngn1012 | 機動戦士ガンダム00 | 23:18 | - | - |

スポンサーサイト

web拍手
posted by: スポンサードリンク | - | 23:18 | - | - |